2017/02/15

万能すぎてヤバい!腹筋ローラーで鍛えれる6の部位【背筋・腹筋・腕など】

万能すぎてヤバい!腹筋ローラーで鍛えれる6の部位【背筋・腹筋・腕など】

 

腹筋ローラーは名前の通り腹筋を鍛えるものですが、実は腹筋以外の部位も鍛えられる最強の筋トレグッズなのです!
少ない回数で高負荷をかけれるので短時間で腹筋トレーニングができるのでおすすめです。

また、とってもシンプルな動作なので初心者の方でも始めやすく、使い方によって負荷の強さを変えられるのも腹筋ローラーの魅力の1つです。

そこで今回は腹筋ローラーで鍛えられる6の部位と使い方のポイントについて紹介していきたいと思います。

これから筋トレを始めようと思っている方や、筋トレメニューの見直しをしようと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

 

腹筋ローラーで鍛えられる6つの部位

① 腹筋を鍛えれる

まずはなんといっても腹筋です!
腹筋ローラーは筋トレをして男性らしい身体を手に入れたい方はもちろんのこと、ぽっこりお腹の解消にも役立ってくれます。
ぽっこりお腹になる原因はいくつかありますが、腹筋ローラーは特に下腹の筋肉を鍛える効果が高いので効率よくお腹を引き締めることができるようになるのです。

ちなみに、腹筋を鍛える筋トレと言えば仰向けの状態で上体を起こす通常の腹筋運動がありますが、腹筋運動はお腹の上部に負荷がかかりやすいので下腹の改善効果はあまり期待できないと言われているのです。
腹筋ローラーを使えば腹筋全体に刺激を与えることができるので、お腹全体を引き締めながら男性らしい身体へと導いてくれることでしょう。

 

② 脊柱起立筋を鍛えれる

脊柱起立筋は背中に広がっている胸最長筋や胸棘筋、胸腸肋筋、腰腸肋筋など9つの筋肉の総称です。
この筋肉があることで腰が曲がらず、正しい姿勢をキープすることができていると言えます。
そのため、脊柱起立筋を鍛えることで身体のバランスがとりやすくなり正しい姿勢になることで腰痛や背中の痛みを改善することができると言われています。

特に背中はあまり自分では確認できず年齢が出やすい場所だと言われているので、男性らしい身体を求めるのであれば腹筋ローラーを使ってしっかりと引き締めておく必要があるでしょう。
背中のお肉がつまめてしまうという方は腹筋ローラーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

③ 広背筋を鍛えれる

広背筋は背中にある脇の下、肩甲骨の下周辺から腰にかけて広がっている筋肉です。
身体の中で最も大きな面積を持つ筋肉で、腕をひいたり腕を振るときの動作に重要な働きをしています。

広背筋を鍛えることでも姿勢が改善され、胸が上向きになるので女性の場合であればバストアップにも役立ちます。

また、男性の場合は広背筋を鍛えることこそ逆三角形の体型への近道になり、代謝アップにも効果的だと言われているので効率よく身体を引き締めることができるでしょう。

 

④ 上腕三頭筋を鍛えれる

上腕三頭筋は二の腕周辺の筋肉で、腕を伸ばしたり物を押すときなどに重要な働きをしています。
この部分が鍛えられていないまま脂肪がたまると皮膚が垂れ下がり、いわゆる振袖と言われるたぷたぷな二の腕になってしまいます。

男性らしい引き締まった二の腕を目指しているという方はぜひとも鍛えておきたい部分ですね。
上腕三頭筋は腕立て伏せやベンチプレスなどでも使う部位ですが、腹筋ローラーなら腹筋を鍛えるのと同時に上腕三頭筋を鍛えることも可能になります。

 

⑤ 三角筋を鍛えれる

三角筋は肩にある筋肉で、腕を伸ばしたり上げるなど動かすときに重要な働きをしています。
男性が三角筋を鍛えると肩幅が広がり、男性らしい身体へと導くことができるでしょう。

また、女性が三角筋を鍛えた場合にはバストアップ効果が期待できると言われています。

 

⑥ インナーマッスルを鍛えれる

私たちの身体にある筋肉には種類があり、表面にある筋肉の表層筋と、身体の奥深くにある深層筋の2つの筋肉があります。
表層筋は腹筋や背筋など比較的なじみのある筋肉で、深層筋はインナーマッスルとも呼ばれていて骨格のキープや関節を動かして身体の微妙な動きを調節する働きがあると言われています。

この身体の奥深くにあるインナーマッスルを鍛えることで代謝が上がりやすくなり、効率よく身体を引き締めることができるのだとか。
腹筋ローラーを使った筋トレは身体が不安定になるので、インナーマッスルを鍛えるためにも効果があると言われているのです。

 

 

腹筋ローラーの使い方のポイント

ポイント① 視線を上げすぎないようにする

腹筋ローラーを使う場合に失敗しがちなのが上体を倒すときに顎が上がり、視線が上に向いてしまうというもの。
このような状態で視線が上がると背中が反ってしまい、腹筋だけでは身体を支え切れなくなってしまいます。
背中が反ると腰を痛める原因にもなるので、視線はおへそをのぞき込むようなイメージで行うと良いでしょう。
視線を意識するだけでもフォームが全然違ってくるので、腰を痛めないためにも意識していきましょう。

また、視線を意識するのが難しいという方は猫背になるようなイメージで腹筋ローラーを使うと自然と視線が下がってくるのでおすすめです。

 

ポイント② 呼吸を止めないようにする

呼吸は腹筋の力を入れるときに大きく関係しています。
そのため、息を止めていると思うようにトレーニング効果を得られない場合があるのです。

腹筋ローラーを使う場合の呼吸法は「身体を倒すときに吐き、戻すときに吸う」というものです。
とにかくしっかりと呼吸しなければなりませんが、この方法通りに呼吸をしていると腹筋の力が抜けて身体を支えることができなくなってしまうという方もいるでしょう。
そのような場合には最初の状態で鼻からゆっくりと息を吸い、息を止めたまま上体を倒し、身体を戻すときに息を吐くのがおすすめです。

また、呼吸をするときは鼻から吸って口から吐くように意識するのもポイントになります。

 

ポイント③ ストッパーを使うようにする

腹筋ローラーは動作になれるまでの間、床に顔を打ち付けてしまうのではないかという恐怖心がつきまとうかと思います。
このような恐怖心があると、上体を倒すときに無意識に制限をかけてしまう場合があります。

これは精神的な制限なので腹筋ローラーの動作に慣れるしかありませんが、恐怖心があるままだとフォームが崩れやすくなるので慣れるまではストッパーを使うのがおすすめです。
また、ストッパーがない場合には壁をストッパー代わりにしたり、誰かに身体を押さえてもらうのも良いでしょう。

このような方法で、まずは腹筋ローラーの動作に慣れておけば精神的な恐怖心もなくなり、トレーニングに集中できるようになるでしょう。

 

ポイント④ 正しい持ち方を意識する

腹筋ローラーについているグリップは自転車のハンドルのようなものなので非常に握りやすく、自然に握った状態でトレーニングをしている方も多いかと思います。
しかし、自然に握ったままの状態だと上体を倒したときに腰が反りやすくなるのでとても危険です。

正しい握り方は、猫のように手首を前に曲げるのがおすすめです。
持ち方を意識するだけでも腰への余計なダメージを減らすことができるので、意識していくと良いでしょう。

 

 

おわりに

腹筋ローラーは腹筋だけでなく脊柱起立筋や広背筋、上腕三頭筋、三角筋、インナーマッスルなど同時に6つの筋肉を鍛えることができる筋トレグッズです。
1度にこれだけの部位が鍛えられれば筋トレ時間の短縮にもなるので、忙しくて筋トレができないという方も無理なく筋トレを続けることができるようになるでしょう。

腹筋ローラーは低価格なものであれば1000円代のものも多いので、効率よく筋トレがしたいという方はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?

 

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る