2017/01/25

筋トレの“分割法”とは?分割法をおすすめする4つの理由

筋トレの‟分割法”とは?分割法をおすすめする4つの理由

 

あなたは普段、どのようにして筋トレのメニューを決めていますか?
メニューの決め方は人それぞれだと思いますが、よりトレーニングの効果を効率よく高めたいという方には「分割法」がおすすめです。

今回は筋トレの“分割法”をおすすめする4の理由について紹介していきたいと思います。

ただ毎日筋トレをするだけでなく、その方法にも着目することで筋トレの効果を最大限に引き出していきましょう。

 

 

筋トレの「分割法」とは?

筋トレの分割法とは、筋肉を部位ごとにグループ分けして、それぞれ別の日にトレーニングを行うという筋トレの方法です。
イメージとしては月曜日は脚とお腹、水曜日は胸と背中、金曜日は肩と腕というように分割して筋トレを行うというものになります。

せっかく筋トレをするなら毎日全身を鍛えた方が良いと思われるかもしれませんが、分割法を取り入れると1回の筋トレで鍛える部位が少なくなるので短期間で集中しながら筋トレに臨むことができるようになるのです。

筋トレは数をこなすよりもいかに正確に負荷がかけられるかということが重要になるので、実際に分割法を取り入れることでこれまで以上のトレーニング効果を実感できるようになったという方も多いのです。

 

 

筋トレの“分割法”をおすすめする4つの理由

理由① 短時間でハードな筋トレができる

鍛える部位を限定して筋トレを行うので、ある程度種目を増やしたとしても筋トレにかかる時間を短くすることができます。
このように鍛える部位を限定して種目を増やしていけば短時間でも様々な角度から筋肉に刺激を与えられるようになります。

また、時間が短い分集中力をキープしたまま筋トレを行うことができます。
集中力が低下しなければ1日で全身を鍛えるよりもはるかに強い刺激を与え、効率よくそれぞれの部位を鍛えることができるのです。

 

理由② 元気な状態で筋トレに臨むことができる

1日で全身の筋トレを行う場合、例えば脚→お腹→胸→背中→肩→腕という順番で鍛えるならば、最後の腕を鍛える段階ですでにある程度疲労が溜まっているかと思います。
分割法なら1日で鍛える部位が限定されているので、他の筋肉を鍛えていたがために疲れてしまうという心配がなくなります。

元気な状態で筋トレに臨むことができれば、それぞれの部位を集中して鍛え上げることができるでしょう。

 

理由③ 筋トレを続けやすくなる

1日に数セット・数種目も筋トレをしているとトレーニングに対して「めんどくさい」というイメージが付いてしまいます。
分割法なら自然とセット数も種目数も少なくなるので、精神的にも楽になり筋トレを続けやすくなります。

続けやすいという点では筋トレ初心者の方にもおすすめですし、集中して鍛えられるという点では上級者の方にもおすすめの方法になります。

 

理由④ 筋肉を休めることができる

分割法なら曜日ごとに鍛える部位が決まっているので、自然と筋肉を休める時間をつくることができます。
例えば1つの部位を1週間に1回のペースで回すようにスケジュールを組んでいけば、その部位は1週間休むことができるという計算になります。

また、分割法を取り入れれば毎日とりあえず筋トレをするというよりも体調管理がしやすくなるでしょう。
さらに曜日ごとに鍛える部位を決めておけばどこの部位を鍛えるかも覚えやすいので、メニューの管理もしやすくなるかと思います。

 

 

おわりに

分割法を取り入れると自然とトレーニングの無駄が省け、筋トレに対する集中力やモチベーションがアップします。
そのため、毎日全身の筋トレをしている時よりもトレーニング効果を実感しやすくなったという方が多いです。

毎日の筋トレがマンネリ化してきたという方や、もっと効率よく筋トレをしたいという方は分割法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

PICK UP記事

関連記事

ページ上部へ戻る